So-net無料ブログ作成
検索選択

頭越しに決められた…「辺野古」明言に怒り失望(読売新聞)

 米軍普天間飛行場の移設問題を巡って、23日、沖縄県入りした鳩山首相は、「辺野古」に移設するという政府案を初めて地元に表明した。

 「最低でも県外」「辺野古の海が埋め立てられることは冒涜(ぼうとく)」……。政権交代前から、そんな首相の発言に翻弄(ほんろう)され続けた関係者の怒りと失望は大きく、地元への説明が、米国との大筋合意の翌日になったことについても「県民の頭越しに決められた」「順番が逆ではないか」と反発する声が上がった。

 「日米両政府で、合意に近づきつつあるということを報道でしか知りません」

 この日午前10時半すぎ、仲井真弘多(ひろかず)知事は那覇市の県庁に、鳩山首相を迎えると、この日まで政府から県側に一切、移設案の説明がなかったことをそう皮肉った。

 薄い緑色の「かりゆし」を着た首相は、そこで初めて同県名護市辺野古付近に移設する意向を明言し、「なぜ県内になったのかという、お怒りはもっともだと思っています」と謝罪。

 首相をじっと見つめていた知事は「これはもう、極めて厳しいということですね」と硬い表情で語り、首相が米軍の訓練の県外移転に言及した時には、「県外というのは、まだ(交渉を)続けているのですか」と発言を遮って念押しをした。

 仲井真知事は1月の名護市長選で、移設容認派の前市長を支援したが、反対派の稲嶺進・現市長が当選した。会談後、報道陣に囲まれた知事は同市長選後、「県外移設」への期待が県民に急速に広がった点を説明。「(辺野古への移設案を)見直すとかゼロベースでとか、色々な表現で半年過ぎたわけですよ」と述べ、「(県民の間に)裏切られたという思いが非常に強くなっている」と説明した。

 この日の首相は、普天間基地周辺の住民と対話した今月4日の訪問とは異なり、県民からの声を直接聞く場を持たなかった。県庁前広場には朝から、「怒」というプラカードを持った市民ら数百人が集結。県庁に隣接する県議会棟の前にも、48人の県議のうち出張中などを除いた36人が、県内移設への「警告」の意味を込めた黄色のかりゆしなどを着て座り込んだ。

 高嶺善伸(ぜんしん)議長は「県民の頭越しに政府案が決められ、それを前提に日米協議が進められる。民主主義国家として、果たしていいのか」と憤りを隠さなかった。

<文科省>コミュニケーション能力の育成へ会議発足(毎日新聞)
郵便不正・村木公判 最後のヤマ場、調書の採否を決定へ(産経新聞)
普天間問題 小沢氏「政府の発信はどうなのかな」(産経新聞)
不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中(Business Media 誠)
山田宏氏 参院選比例代表に立候補へ 杉並区長を辞職(毎日新聞)



村井仁長野県知事が退任表明(産経新聞)

 8月末の任期満了に伴い、去就が注目されていた長野県の村井仁知事(73)は13日午前、県庁で記者会見し、「出馬しないことを決めた」と述べ、今年夏に行われる知事選には出馬しない考えを明らかにした。

 村井知事は知事選に出馬しない理由について「はじめから、4年間と決めて走り続けてきた。目指していたことをある程度達成できた」と述べた。

 次期知事選をめぐっては、前長野県信濃美術館館長の松本猛氏(59)が正式に出馬を表明する一方、県内の企業経営者や医師らで構成する市民団体が元長野県副知事の阿部守一氏(49)に出馬を要請している。

 村井氏は長野県木曽町出身。東大卒業後、旧通産省に入省。昭和61年に衆院議員に初当選し、連続6期務めた。小泉内閣では国家公安委員長兼防災担当相を務めたが、郵政民営化関連法案に反対し、平成17年の衆院選への立候補を断念。

 18年の知事選で、当時の田中康夫前知事への対立候補として擁立され、田中氏に批判的な勢力の支援を受けて初当選を果たした。

【関連記事】
長野県知事選で、黒柳徹子と山田洋次が動いた?
阿部氏「知事選立候補に意欲」 5月10日か11日に直接要請へ
小平選手らスポーツ栄誉賞 長野県
三原じゅん子、14日に参院選の出馬会見 すでに南青山に事務所
小沢氏、2人区の新人への重点的支援を要請
少子化を止めろ!

重体の女子生徒が死亡=中学校校舎から転落―警視庁(時事通信)
仙酔峡の「ミヤマキリシマ」が見ごろ=熊本・阿蘇〔地域〕(時事通信)
ネット取引急増、個人投資家450億申告漏れ(読売新聞)
外国人ハイエース盗、部品輸出の貿易会社社長ら逮捕へ(産経新聞)
遺族「裏切られた思い」=福知山線事故報告書漏えい−信楽鉄道事故追悼式・滋賀(時事通信)



サラダ麺ブームの兆し 背景に女性の健康志向(産経新聞)

 大盛りサラダがのった麺にドレッシングをかけ、混ぜて食べる−。サラダ感覚を売りにした麺が飲食店に登場している。健康志向や野菜高騰などを背景に人気メニューになっているようだ。(津川綾子)

  [フォト]野菜大好き!「植物工場」にハマッた美人研究者

 ◆女性が会社帰りに

 東武百貨店池袋店(東京豊島区)ではレストラン街の49店舗のうち、8店舗でサラダを麺の上にのせたメニューを提供中だ。

 その一つ、「札幌ラーメン 武蔵」の「ラーメンサラダディッシュ」(980円)は、スライスしたタマネギと水菜、トマトと素揚げのナスの4種の野菜約200グラムが山盛り。客からは「わっ」と声が上がることもある。半熟卵や豚バラ肉を添え、ごまみそ風味のドレッシングをかけて食べる。

 シコシコした麺とシャキッとした水菜の歯応えが楽しく、ごま風味がまろやか。好みでスパイシーな別のドレッシングや、ラー油を足すとパンチのある味になる。冷たい麺といえば冷やし中華があるが、「冷やし中華は野菜が添え物程度。ラーメンサラダはサラダが中心で、全然違う」と和島啓太店長(28)。

 手打ちそばの店「たつみ」では、豆苗、トレビス、エンダイブ、デトロイト、ネギ、トマトなど10種類の野菜105グラムを盛ったそば(1380円)が人気だ。そばつゆと、ごまだれや豆乳を合わせたサルサドレッシングをかける。葉野菜にニンジンの赤や温泉卵の黄色なども彩りを添える。

 野菜がメーンの麺だけに女性に人気だ。男性客が多い「武蔵」のラーメンサラダディッシュは女性を中心に、1日約30食が売れる。「たつみ」でも1日25食と予想以上の売れ行きで、「1人暮らしや家族が少ないと何種類もの野菜を買っても食べきれないためか、若い女性が会社帰りに食べていく」と斉藤賢一店長(33)は話す。

 ◆外食選びの決め手

 マーケティング会社「トレンダーズ」(渋谷区)が4月、働く20〜30代の女性300人に聞いた調査では、98%が「もっと野菜を取りたい」と回答。「野菜不足」と答えた225人に理由を聞くと、4人に1人が「外食が多いから」とし、野菜中心のメニューは若い女性のニーズとマッチするようだ。

 最近の野菜価格の高騰も野菜重視のメニューの追い風になっている。サラダタイプのこうした麺のほか、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」では、約100グラムの野菜が山盛りの「88サラダ」が昨年3月の発売以来、累計約385万食のヒットとなっている。トレンダーズのアンケートでも「外食ではなるべく野菜中心のメニューを選ぶ」(37歳女性)との声があるように、外食選びの決め手に「野菜の量」は有力な選択肢となりそうだ。

 ■家庭でも人気に

 この夏、家庭でもサラダがのった麺メニューが増えそうだ。東洋水産(東京都港区)は2月、日清食品チルド(新宿区)は3月、生麺タイプの「ラーメンサラダ」をそれぞれ発売。いずれも、ゆでた麺に好みの野菜をのせ、添付のドレッシングをかける。

 日清食品チルドによると、「ラーメンサラダ」は北海道発祥のご当地名物メニュー。「健康ニーズの高まりとともに注目度が上がり発売した」(同社広報)。ただ野菜は別売りなため、ヒットするには野菜価格の下落待ちか−。

【関連記事】
カラフル野菜でヒット狙う 「新しい彩りで食卓をより楽しく」
飲むなら食べよう!酒に飲まれないツマミ選びのコツ
NYで流行るインドカレー オールナチュラルの菜食料理
“鉄の女”が成功 卵ダイエット “糖質制限食”のお手本
ご当地野菜、高まる人気 京、大和などブランド花盛り

331円安で終了=東京市場(時事通信)
反捕鯨団体捜査 豪法相が協力表明(産経新聞)
TBS社員名乗り詐欺容疑(産経新聞)
宮崎の口蹄疫で殺処分の家畜、国が全額補償(読売新聞)
<水上バイク転覆>捜索再開 2人死亡1人不明(毎日新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。